歴代の名作を中心に展開するリーボックのカジュアルライン〈Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)〉。2019年に発売25周年を迎えたインスタポンプフューリーのアニバーサリーを祝して、2001年に「INSTAPUMP FURY」の進化版として発売された「FURY MILLENNIUM」初の復刻モデル「FURY DMX TXT」を令和初日である2019年5月1日(水)に発売します。

FURY DMX TXT ¥21,600 in tax

「FURY DMX TXT」は、リーボックの2大テクノロジーである、フィッティングテクノロジー「ザポンプテクノロジー」とクッショニングテクノロジー「ディーエムエックス ムービング エアー テクノロジー」を融合した、ハイブリッドモデルです。アッパーのザポンプテクノロジーにより、空気注入可能なチェンバーから空気を入れ込むことで、シューズのフィット感を調整することができます。

また、ディーエムエックス ムービング エアー テクノロジーは、ソールに搭載された空気が移動するポッドにより、足が地面に接するたびに空気が圧縮され、エアポッド内の空気が異なるゾーンへと押し込まれることで、優れた安定性とクッション性を生み出します。

デザインは、「INSTAPUMP FURY」をベースに踏襲しつつ、つま先とかかと部分に“Fury”のロゴをデザイン。空気を注入するポンプのロゴデザインも通常の「INSTAPUMP FURY」とは異なり、立体的なフォントで描かれた“The Pump”の文字がポイントとなっています。

90年代にリーボックが開発した二つのテクノロジーが、ひとつのシューズに集約された、「INSTAPUMP FURY」シリーズの中でも、最高峰の一足です。


【問】リーボック アディダスグループお客様窓口/0570-033-033/http://reebok.jp/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。