1952年に日本で誕生した生粋のジャパンブランド〈phenix(フェニックス)〉。その「Mountain Active(マウンテンアクティブ)」カテゴリより、北海道の知床財団とコラボレーションしたオリジナルTシャツが今年も登場します。

フェニックスが知床財団による自然保護の普及啓発や自然環境の保全管理活動に賛同し、2012年より毎年製作・販売しているコラボTシャツ。数ある知床財団オリジナル商品の中でも今や一番の人気商品となっているとか。

phenix × 知床財団Tee ¥4,900+tax

Tシャツデザインは毎年、知床財団スタッフが考案しており、2019年は昨年に続き「Keep Wildlife Wild=野生の動物は野生のままに」がテーマ。グラフィックの<サケをとるクマ>は、知床の代表的な生き物「ヒグマ」と、野生動物の執着の対象のひとつ「食べること」をイメージソースに、サケを捕っているヒグマがモチーフです。

生きている彼らの「ごく普通の姿と風景」を表現したデザインは、財団が継続しているエサやり禁止の活動とリンクしたもの。

Tシャツのボディは、吸湿速乾性と紫外線遮断効果を兼ね備えたスパンメランジニット(ポリエステル100%)を採用。さらに内側のステッチには、汗など身体からでるイヤな臭いをキャッチし消臭・抑制する糸「DEOSEAM® Duo(デオシーム®・デュオ)」を採用。機能面においても優れた一枚です。


【問】フェニックス/http://www.phenix.jp/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。