CAPTCHA


CAPTCHA


カードであふれかえっていた数年前の日本。クレジットカードやIC乗車券、会員証など、数えたらきりがないくらいのカードがあるなか、お財布もそれらがすべて収まるものが主流でした。

しかし今ではそのカードの多くがスマートフォンの中に集約。最低限のカードを持ち運べる薄い財布が欲しいと言った要望が、ここ数年で一気に増えています。

とは言え、新札を折らずに持ち歩きたいという声も!

そこででき上がったのがメンズ雑貨ブランド〈 TAVARAT(タバラット)〉のコードバン長財布。薄く、新札が折れず、そしてカードが取り出しやすいといった、3つの特徴を持っています。

各¥34,800 in tax

マチ(札入れなどを作る際に、そのスペースを広くするためのアコーディオンのような仕切り)をなくすことで厚みを極限まで抑え、横幅や奥行きを設計。取り出しやすさを損なわないように仕上げています。

カードはそれぞれ干渉しないよう左右2枚ずつ、スムーズに取り出せる形に。お札もカードも左右対称にし、右側のお札を取る際にお財布を反転させたときにカード入れが下向きにならないようにする細やかな配慮も。

使用する革は独特な光沢や手触りが人気のコードバン。馬のお尻の決まった部位からしか採れないこともあり、年々希少価値が高まっていくコードバンのなかでも特に高級感のある国産コードバンを丁寧に染料で染め上げています。

表地の均一間のある表情と、裏地のキャメルとのコントラストは「格好良い」、その一言に尽きるのでは?現代社会に適応するかのような本作。一度お試しあれ!


【問】TAVARAT/072-425-9014(平日10:00~17:00)/https://www.tavarat.jp/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。