CAPTCHA


CAPTCHA


1933年、テニスをプレーする際に動きやすい、史上初のポロシャツ「L.12.12」を発明した、ルネ・ラコステ。通気性に優れた“ピケ”素材(鹿の子編み素材)を採用したこのポロシャツは、時を待たずにテニスウェアのスタンダードとして定着。フランスの美意識も感じられるエレガントな佇まいは、ファッションシーンにおいても、誕生から85年以上経た現在まで、ワードローブの定番として、世代を超えて愛され続けています。

そして2019年。この代表作「L.12.12」からインスピレーションを得たシューズ「LA PIQUEE 119 1」が、春夏コレクション“LACOSTE MOTION”よりリリースします。同コレクションの特徴は“機能”と“エレガンス”の融合。超軽量やストレッチ素材といった利便性に富んだ機能を、シンプル&クリーンなデザインに溶け込ませる……というコンセプトのもと、様々なシチュエーションに対応するテクニカルアイテムを展開しています。

「LA PIQUEE 119 1」は、まさしくそんな“LACOSTE MOTION”のクリエイティビティを体現する革新的シューズ。モデル名に冠している通り、代表作「L.12.12」と同じ“ピケ”素材をアッパーに採用しているため、ポロシャツ同様の通気性はもちろん、ピケ素材特有の包み込むようなフィット感も兼ね備えています。

¥13,500+tax

超軽量ソールにより、シューズ自体が極めて軽く、素足で履けばまるで吸い付くような履き心地。機能性と美しさを両立させたデザインは、まさに「L.12.12」譲り。ラコステのクリエイティビティを象徴する次代の定番シューズとして、幅広いユーザーのライフスタイルに寄り添ってくれるはずです。

渋谷店、グランフロント大阪店、及びLACOSTE e-shopにて、1月31日(木)より限定先行発売。2月中旬よりLACOSTE全店舗にて発売予定です。


【問】ラコステお客様センター/0120-37-0202/www.lacoste.jp

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。