CAPTCHA


CAPTCHA


バッグ界のマエストロ、ガブリエル・カンデローリ氏の実の息子、アレッサンドロ・カンデローリ氏が手がける新鋭ブランド〈Davinci FARO(ダヴィンチ ファーロ)〉。

偉大な父から学んだ伝統の技を確実に受け継ぎながらも、そのテイストは父の生み出すバッグとは全く異なるモダンでスポーティーなもの。ダヴィンチファーロはそんな彼が“今本当に使いたいもの”を具現化したコレクションだ。

ラグジュアリーブランドのバッグ作りに長年携わってきた父から受け継いだ才能と情熱が、弱冠21歳のアレッサンドロ氏の原動力。手描きのデザイン画には「自分だったらこんなバッグを持ちたい」というアイデアを散りばめながら、使う人の文化や習慣までも包み込むバッグを目指している。

伝統技術に支えられたクラフツマンシップを駆使した、機能的かつ新しいデザインを提案して行くことが、若きアートディレクターの目標。22歳の若者ではあるが、すでに熟練職人として一貫して革製品を創り上げられる技術を持ち、日々、顧客の高級メゾンで活用できる技術や感性を発揮している。

いまや日本でも、アレッサンドロのダヴィンチ ファーロは、バッグ特集やライフスタイルなどの記事で積極的に紹介されて、目にする機会が増えてきた。しかし、いざこのバッグを手にしたとき、大人の男たちの目の色は一様に変わってしまう。なぜなら、ここまで使い勝手がよくて洒落た、仕事や休日のライフスタイルで活用できるカジュアルバッグは、これまでなかったから。

イタリアのバイク乗りのための若者がデザインしたバッグとばかり思っていたら、その考えはすぐ覆されてしまうはずだ。仕事の書類やパソコン、ランチボックスにペットボトル、アフターファイブのランニングシューズやシャワー後の着替えまで、さらに言えば二泊三日の出張に必要な荷物くらいなら、十分なほど。

すべてをあるべき場所に収納できる容量の多さ。それなのに、軽々と担げる厚みの出ないデザイン。高密度かつ、耐久性、堅牢度に優れた鉄より強いナイロン×高級感ある牛革のアクセント、ファスナー、ベルトすべてが若きアルチザンによって、軽やかに仕組まれているデザインには圧倒されてしまうに違いない。

さまざまなシーンでガシガシ使って、人生まるごとを楽しみ抜く。バッグ、それがダヴィンチ ファーロのバッグである。


【問】ダヴィンチ ファーロオンラインストア/https://davincifaro-japan.com

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。