CAPTCHA


CAPTCHA


従来の湯呑では和風のテイストが強く、モダンなインテリアやカフェなどで日本茶は敬遠されがち……。その一方で、サイズが大きすぎて、デスク上で行う作業の邪魔になったり、置き場所に困ったりすると言った問題も。日本茶のためのシンプルで美しいちょうど良い「湯呑」は、意外と難しいものだったりします。

今回紹介する「着替える有田焼」のカップは、400年以上の歴史を持つ焼き物の地・佐賀県有田町で生産されたモノ。従来の湯呑のイメージを変える、シンプルで美しいマットホワイトが美しい逸品です。

着替える有田焼カップ ¥2,160 in tax、スリーブ ¥600 in tax

無垢な白さを出すことができる釉薬を使用し、外側表面はサンドブラストで仕上げ、しっとりとマットな肌触りを実現。さらにスリーブは洗っても破れない特殊な紙製で、ジーンズなどのタグにも使われる素材を用いて、空押しのロゴとステッチをあしらっています。

スリーブを付け替えることができるので、自分で自由にアレンジしたり、染めたり、インテリアの雰囲気に合わせて変えたり遊び心があるのも魅力。銀座のシングルオリジン煎茶専門店「煎茶堂東京」のオンラインストア上では、スリーブの「型紙」を無料で公開し、自分で好きなスリーブを自作することも可能です!


【問】煎茶堂東京 銀座店/03-6264-6864/https://shop.senchado.jp/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。