CAPTCHA


CAPTCHA


美濃地方に残る茶葉と器の文化を受け継いだ日本茶ブランド「美濃加茂茶舗」が、2019年2月5日(月)岐阜県美濃加茂市にオープンします。

美濃加茂茶舗が生まれた美濃地方は、お茶文化の聖地。千利休、古田織部に代表される茶の湯の文化が隆盛をむかえると、彼らの指導のもと美濃焼きは茶碗の一大ブランド産地となりました。中山道の宿場町であった美濃加茂は、そうした隆盛を迎える美濃のお茶や陶器など産業の流通拠点。

取り扱う茶葉は美濃加茂茶舗のオリジナルブレンド。美濃地方の厳しい自然条件で育った茶葉を贅沢に使い、こだわり抜いた製法で美濃加茂茶舗独自の味に仕上げました。淹れ方によってもまた違う一面を見せてくれます。

日本茶インストラクターの有資格者が美濃焼の茶器を使用し、それぞれの茶葉に合った方法でお茶を淹れる「美濃加茂茶舗」。テイクアウトメニューは、緑茶、煎茶、ほうじ茶に加え、各種ラテなど見た目も楽しめるドリンクもご用意。店舗内では自分でお茶を淹れながら一息つけるセットメニューを楽しむことができます。

オリジナルブレンドの茶葉と、それに合うセレクトされた器と和菓子。その土地が育んできた文化と一緒に、《日本茶のある暮らし》を楽しむのも一興です。

また、同時にECで茶葉の販売も開始。遠くて店舗に行けないという方も気軽に楽しめます。


【問】美濃加茂茶舗/http://mchaho.com

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。