80年代にインスパイア。パステルカラーなクラークス×リーバイスの一足。

1980年代後半のイギリス・マンチェスター。そのミュージックシーンにとって、なくてはならない靴の選択肢といえば〈Clarks(クラークス)〉のワラビーでした。〈Levi’s(リーバイス)〉のフレアジーンズやバギーパーカーに合わせるのに最高の1足だったのです。

そんな背景を持つリーバイスとクラークス。両者がパートナーシップを組み、3つのエクスクルーシブなモデルを6月11日(金)に発売します。

Levi’s Vintage Clothing 2021春夏コレクションに合わせてデザインされたリーバイスビンテージクロージング×クラークスオリジナルズは、ヌバックのディテールが施されたプレミアムスウェードの3つのクラシックなクラークスのシルエットが特徴です。

Levi’s Vintage Clothing × Clarks Originals Wallabee ¥36,300

ひとつめは、ピンクのスウェードが特徴的なワラビー。モーヴカラーのヌバックトリムとモーヴのひもが付いています。

Levi’s Vintage Clothing × Clarks Originals Desert Boot ¥36,300

次に、水色をベースにラベンダーのひもが付いたデザートブーツ。クラークスのクラシックなツーピースのスウェード構造が足元の良いアクセントに!

Levi’s Vintage Clothing × Clarks Originals Weaver ¥36,300

最後のウィーバーは、2色のサンドイエローのスウェードで構成。巧みに組み合わせたヌバック素材のディテールが印象的です。

3足とも象徴的なクラークスのクレープソールが備わっているのが良いですね。

「LooseFix」コレクションに合わせてクラークスとコラボレーションするのは素晴らしいことだと思いました。彼らは1980年代のマンチェスターとイギリス全土において、本当に大きな存在で、私自身もおそらく過去30年間ほど、クラークスのシューズを愛用しています。今回のコラボレーションは、モダンなカラーを採用した伝統的な一足に仕上がりました」と話すのは、リーバイスのヘッドデザイナーを務めるポール・オニール。

オーセンティックなクラークスのシューズをパステルカラーで表現した特別なコレクションを、お楽しみください。


【問】クラークス ジャパン/03-5411-3055/https://www.clarks.co.jp/
【問】リーバイ・ストラウス ジャパン/0120-099-501/https://www.levi.jp

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。