CAPTCHA


CAPTCHA


2019-20におけるGround Yの秋冬コレクションは“gimmick-ギミック-”がキーワード。服作りにおけるディテール、加工、製作過程において様々なギミック要素を落とし込んだコレクションに仕上がっています。

例えば生地と同色のジッパーでデザインされたシャツやカットソーは、ジッパー開閉によりシルエットの変化を楽しめる変化に富んだ遊び心あふれる世界観をご提案。

その他、ウール+ポリエステル混のツイードに特殊ワッシャー加工を施し、シルエットとファブリックの変化を楽しめる様に仕上げたロングフードパーカにサルエルパンツ。製品染めをする前の生地をあえてそのまま使用し、不完全さと使い込む楽しさを提案するロングジャケットとワークパンツとのセットアップコーデ。

インディアンウールフラノのパッケージには、あえて白のステッチの遊びを入れることにより、視覚的な変化を楽しめるラップコートやバギーパンツなどが登場します。

キーヴィジュアルは写真家の⼩⾒⼭ 峻氏によって撮り下ろされ、小見山独自のネガフィルムへの直接加工技法によって生まれる変化をグラフィックとして表現。キーヴィジュアルモデルには、Ground Y 2019春夏コレクションでもモデルを務めた女優の池田エライザを起用し、メンズモデルには、今最も注目されている若手俳優の清水尋也を起用しているのも見どころ。7月12日(金)より展開予定です。


【問】ヨウジヤマモト プレスルーム/03-5463-1500/yohjiyamamoto.co.jp

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。