CAPTCHA


CAPTCHA


陶芸の町・益子で生まれた新しいブランド〈BOTE&SUTTO(ボテ&スット)〉。ディレクターにプロダクトデザイナーの深澤直人を迎え、益子町と作陶家たちが一緒に作り込んでいった、ボテっとしたものとスッとしたもの計36種類の器です。

現在、400ほどの窯元や作家が活動している益子町。陶器市の時期は賑わいを見せるものの、2011年の震災以降、来県者数が減少しているとか。そこで2016年、益子町は復活プロジェクトを立ち上げ、プロダクトデザイナーの深澤直人をまちづくりアドバイザーに招聘。

BOTE ティーポット ¥9,000+tax

益子町を考える上で欠かせない益子焼に対して再度、益子焼とはどういうものを益子焼と言うのだろうか。シンプルな疑問から、深澤直人と町と益子の3つの窯元が参加して誕生したのが〈BOTE&SUTTO〉です。

BOTE 飯椀  ¥2,500+tax

益子の土、釉薬、形、歴史や背景を掘り起こし、抽出したエッセンスから輪郭を浮かび上がらせたディレクターの深澤直人。〈BOTE&SUTTO〉はその名前の通り、ぼてっと丸みを帯びた形と、すっとラインの通った形の2タイプを展開。

SUTTO プレート(5サイズ)  ¥1,000~+tax

益子で使われている主な7色の釉薬のうち、一番益子の定番と感じる黒と並白の2色を用いること、益子の土を使うこと、型を使わないこと、器の幅、といったガイドラインを設定し、それに沿って、3つの窯元が腕を振います。

SUTTO ボウル(3サイズ) ¥1,200~+tax

すべて手で作られた、味わい深く食卓の定番となる器は、ますます多様化する食卓にも対応できる器シリーズとして完成。和や洋といった文化を超え、マルチに使える新たな器の誕生です。

また、発売日初日となる1月25日(金)には、発売を記念してトークイベントをイデーショップ 六本木店にて開催。ディレクションを務めた深澤直人を中心に、益子町長の大塚朋之、作陶家の濱田友緒、大塚一弘、塚本倫行が参加します。


【問】イデーショップ 六本木店/03-5413-3455/https://www.idee.co.jp

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。