CAPTCHA


CAPTCHA


90年代のストリートカルチャーと並走してきたG-SHOCK&BABY-G。そのなかでも毎年人気なのが1994年より始まり、ついに26年目を迎えた「イルクジ」モデルです。2020年は家族の絆が強いと言われるオルカをテーマにデザインされた、クールな一本をリリースすることになりました!

G-SHOCKのベースとなったのはタフソーラーと電波時計を搭載したスクエアモデル「GW-M5610」。BABY-Gは、今回発表された新モデル「BGA-2700」がベースになっています。

GW-M5610K-1JR ¥23,000+tax

こだわったのはオルカの体の模様にインスパイアされたバンドの黒と白。なんでも家族愛やペア同士の固い結びつきを表しているのだとか。

G-SHOCKの遊環にはクジラのシルエットが刻まれ、ライトボタンを押すとスパイホップ中のオルカの姿がバックライトに浮かび上がります。また、BABY-Gの遊環にはイルカのシルエットがデザインされています。

BGA-2700K-1AJR ¥22,500+tax

両モデルとも、裏蓋には「Love The Sea And The Earth」のシンボルマークを刻印。バンドには「I.C.E.R.C(International Cetacean Education Research Centre)」「ALL AS ONE」の文字を印刷。

海の中を仲良く泳ぐオルカファミリーを描いたスペシャルなパッケージは、ギフトとしても活躍してくれそうですね。2020年モデルも例年と遜色なく、否それ以上に「G-SHOCK」特有のタフな美しさを突き詰めた仕上がりとなっています。

そもそも「イルクジ」モデルは、イルカ・クジラから海や自然の素晴らしさを伝える活動に取り組む団体アイサーチ・ジャパンをサポートする目的が当初のきっかけ。そんな地球環境のことに思いを馳せてみてもいいかもしれません。発売は6月を予定。


【問】カシオ計算機/03-5334-4869/https://g-shock.jp

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。