CAPTCHA


CAPTCHA


アウトドアブランドのパタゴニアが、2019年1月、日本で初めてとなる「Worn Wear ツアー」を開催。「新品よりもずっといい」をキャッチコピーに掲げる同イベントは、アメリカで2013年に始まり、人々に愛用のウェアを修理して、少しでも長く使用してもらうという考え方を啓蒙する取り組みのこと。日本国内で第1回目となるWorn Wear ツアーは、1/26(土)にスタートします。

7カ所のスキー場を訪れ、破れやひっかき傷、破損したプルタブなどの補修方法をアドバイス。参加者自身の手でウェアをリペアしてもらうイベントを開催します。その際に使用するリペアパッチや新しいプルタブは無料で、スキー場にいる全ての方が参加できる上に、パタゴニア以外の製品も対象になるとか!また、参加者のウェアの撥水性をテストし、撥水性加工や洗濯方法といったメンテナンスも紹介します。

日本支社のWorn Wear トラックは、サーファーでありアーティストでもあるジェイ・ネルソンがデザインし、廃材のブリキと木材を再利用して、山梨県北杜市で作成。このWorn Wear トラック通称「つぎはぎ」が、ミシン二台と、リペア道具を積み込み各地を巡ります。

「私たちが製造する製品を減らせば、それだけ環境負荷が減ります。これは変わることのない事実です。Worn Wear は私たちと製品の繋がりを変え、人生を豊かにします。シンプルですが、強いメッセージです。自身のギアを長く使い、地球へのインパクト和らげるのです。」と話すのは、パタゴニアCEOのローズ・マーカリオ氏。

アウトドアスポーツの楽しさを伝え、そのフィールドである自然環境を守るために行動を起こす、パタゴニア。衣服の寿命を伸ばすことは、地球へのインパクトを下げるために私たちができる最も重要な行動であり、より長く衣服を着続ければ、消費を抑えることにも繋がります。アウトドアを愛する方もそうでない方も、ぜひ目を向けていただきたい取り組みです。

気になる開催場所は以下の通り。
1/26 (土)・1/27 (日) パタゴニア 白馬/アウトレット
1/29 (火)・1/30 (水) 白馬岩岳スノーフィールド
2/2 (土)・2/3 (日) 鹿島槍スキー場
2/5 (火)・2/6 (水) 白馬八方尾根スキー場
2/9 (土)・2/10 (日) 白馬コルチナスキー場
2/23 (土)・2/24 (日) 丸沼高原スキー場
3/2 (土)・3/3 (日) 谷川岳天神平スキー場
3/23 (土)・3/24 (日) 高鷲スノーパーク
※変更の可能性あり


【問】パタゴニア日本支社 カスタマーサービス/0800-8887-447

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。