CAPTCHA


CAPTCHA


最近のアイテムづくりに欠かせないキーワードとなるのが、サスティナビリティ(持続可能性)という言葉。すでにReebok(リーボック)は、2018年に「Cotton+Corn(コットン+コーン)」というサスティナブルな商品を開発しているのですが、そのコットン+コーンに続き、 サスティナビリティなランニングシューズ「Forever Floatride GROW(フォーエバー フロートライド グロウ)」を2020年秋に発売するとのこと!

リーボックが、また新しいステージへ突入します。

Forever Floatride GROW 価格未定

リーボックによるサスティナビリティへの取り組みのなかで誕生した今作は、 リーボックが誇る独自のクッショニング素材フロートライドを搭載した、軽量型ランニングシューズ「Forever Floatride Energy(フォーエバー フロートライド エナジー)」をベースに開発。

ランニングシューズとしては高機能な性能基準を満たしつつ、いままでのモデルとは大きく異なり、環境問題に配慮されたサスティナブルな天然素材を選定。ユーカリ由来の素材を採用したアッパーや、キャスタービーンやひまし油といった唐胡麻などの天然素材を原料にしたミッドソールなど、最後まで環境に配慮されたモデルとなっています。

2018年に発売された「Cotton+Corn(コットン+コーン)」※日本未発売

環境問題を考慮し、植物由来の素材を使用したアイテムづくりへの取り組みをおこなっていくというリーボック。スポーツブランドのサスティナブルなモノづくりは、今後ますます加速していく予感。リーボックのみならず他ブランドの動向も気になります。


【問】リーボック アディダスグループお客様窓口/0570-033-033(電話受付 平日9:30~18:00)/http://reebok.jp/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。