デザインオフィスnendoが手掛ける時計ブランド〈10:10 BY NENDO(テンテンバイネンド)〉。window、draftsmanと続き、今回で第三弾となるのが「buckle(バックル)」です。第三弾の最大の特徴は、シリーズネームにもなっているケース12時側に付いたバックルと6時側に伸びる長いストラップです。

着用すると一見普通の時計となんら変わりありませんが、はずしたときに、あれっ?と思うような本体とバックルを一体化させたユニークなフォルムが◎。ストラップは6時側に長く伸びた1本のみ。それを一周させて時計を着けます。ベルトを止めるユウカクと呼ばれる部分が抜け落ちないよう、ストラップにミリ単位で若干のテーパードを掛けるなど、細部にまでこだわった作りになっています。

(左から)buckle001 ¥17,500+tax、buckle002、buckle003 ¥18,500+tax

開発で最も苦労した箇所はユウカク。6時位置のストラップしかないので、ストンと落ちてしまわないようにストラップの先端だけ緩やかに幅を広げたり、遊革の内輪に細工をしたりと試行錯誤を重ねたとか。

ケースサイズは36㎜なので男女兼用でユニセックスに使うのに程よく、カラーはシルバー×ホワイト、ローズゴールド×ホワイト、ダークグレーの全3色。普段の服装に合わせやすいカラーリングで、ギフトにもおすすめのシリーズです。


【問】アイ・ネクストジーイー/https://tenten-time.com/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。