夏のアウトドアに心強いミーンズワイルのハイテクウェア再登場。防水と冷却を両立!

meanswhile(ミーンズワイル)〉が2020年に発表した「Air Circulation System Rain Jacket」が再登場します。ウェアに付属した電動ファンから外気を取り込み、汗を蒸発させる気化熱で身体を冷やせるのが最大の特長!

工事現場や溶接作業などで使用されることが多く、街中で見かけることも増えた電動ファン付きウェアですが、暑い時にさらに洋服を着るという行為が面白く新鮮な逸品です。

Air Circulation System Rain ¥80,000

この機能をベースに雨から身を守るためのレインウェアを連想し開発したという「Air Circulation System Rain」。

暑さ対策として、従来の空調服として着用できるベストをベースに、その上に袖とファンカバーが一体化したパーツを重ねて取り付けることで、レインウェアとして成り立たせ防水と冷却を両立しています。

オリジナルの3レイヤーには防水透湿リップストップナイロン地を採用。背面にはエアサーキュレーションシステムを搭載し、ジッパーで取り外し可能なファンカバーを外すことでベスト型に変化します。

ファンを取り外せば通常のジャケットとしても使用OK。ファンカバーはカーディガンのように着用しても面白そう。

しかもベスト型の脇部分に配置したスナップボタンにより、フィットと風量の調整が可能。ワンハンドでフィッティング調整可能なウェビングテープを採用したり、インナーポケットへアクセス可能なファンカバーの止水ジッパーサイドポケットを備えたりと、細部に至るまで機能満載です。

激しい自転車でのライディング、海や川・湖でのフィッシング、森の中でのキャンプなど、フィールドを選ばない全天候型レインウェアは様々なシーンで活躍することでしょう。


【問】meanswhile/info@meanswhile.net/http://meanswhile.net

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。